商品検索

カレンダー

2018年8月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2018年9月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

※赤字は休業日です

【第24回】温かい体の作り方を考えるアーサナ (2)

2018/04/08(日)

Namaste, Japan!!

皆さん、週末はどの様にお過ごしでしょうか?
今週末は少々風邪が強い傾向がありますね。花粉症対策には万全を期してくださいね。

さて、最初にイベント告知をさせて頂きます。
この度は、ご縁がありまして、都内でヨガを教えることが決定しました!
下記のリンク先をクリックして下さると、嬉しい限りです。

テーマ:イスを使って、ヨガを楽しむチェアヨガ講座 (初心者歓迎)
日時:04/29(日) 18:00~18:35
開催場所:ヴァイン東銀座 会議室
https://www.viainn.com/higashiginza/facilities/
参加費:2000円
Facebook詳細内容:
https://www.facebook.com/events/167110897437322/

今回通常クラスの半分程度の時間設定なのですが、お楽しみ頂けるように、チェアヨガ用にアレンジができれば幸いです。

ということで、温かい体の作り方を考えるアーサナ(2)に移りますが、
先日Facebookに動画投稿を行いまして、”心のダメージ”から来る冷え!と題して、『ウシュトラアーサナ(ラクダのポーズ)』をご紹介しました。

『ウシュトラアーサナ』は、腰で反らずに胸郭を広げて胸椎を反らせ、開いた気道からたくさんの酸素を取り込むことができます。胸椎を反って、胸郭を広げることが大切です。胸椎周りがガチガチだと、ストレスを受けた時に浅い呼吸になりがちです。

呼吸が浅ければ心肺系(心臓、呼吸器系、循環器系)にも当然影響を及ぼし、体液循環も行き渡らなくなります。体全体のエネルギーを高める上でも、それに見合ったヨガのポーズを実践していくことが大事でしょう。

1.両膝を腰幅くらいに開いて、マットの上に膝立ちになります。両手を腰に添えて、鼻から酸素を取り入れる。
2.吸う息で目線を臍に向けながら胸椎を反ります。頭を最後に下げるイメージを意識しながら、後屈のポーズを取っていきます。
3.ポイントは肩甲骨を寄せるように、肘を平行に寄せていくこと。背中の反りをより深くしたい場合には、両手で腰を少し前に押す感じを意識すると、良いでしょう。
4.さらに後屈により背中の反りを感じたい方は、両手を腰から離して、右手は右足のかかとへ、左手は左足のかかとを触ることもできますので、さらに後屈ポーズを深めていくことができます。但し、ここで呼吸をし続けるということを忘れないでくださいね。
5.5-8呼吸を深く続けると、より瞑想が深まっていきます。(無理はしないように。)
6.吐く息で、両手を離し、上体を元の位置にゆっくりと戻していきます。

ウシュトラアーサナ 完成形 by Naoki

ヨガは、鍛錬と日頃の思いから、ご自身に合ったヨガが形成されていきます。
難しいアーサナも少しずつ工夫や努力をしていくことで、出来るようになるはずです。
ぜひ、ご自身のペースでヨガをやってみてくださいね。

Love Yoga & Love your life,

Love_Yoga.com

記事カテゴリー ブログ