【第17回】万病一元論と瞑想を導入して

☆Namaste, 皆さんご無沙汰しております。
“万病一元論”って聞いたことはありますか?

本日は、インドヨガから少し離れて、”万病一元論”についてお話をします。

万病は、「一元である。すなわち、血液の汚れ」である。という考え方から、
小腸・大腸を含む腸を綺麗にすることが大事です。
腸の綺麗さは、大便、つまり”うんち”で分かります。
最近小学生向けに、うんこドリルという呼名のテキストが流行っていると伺っていますが、
うんちが綺麗な形をして、排便をされると腸が綺麗であり、キレがある証拠なんです。

<うんちの健康チェック方法>
1.するっと、きれいな形で排便される。(残便感がないことが大切)
2.しっかりと、気持ちよく出る。(バナナ1本ぐらいが理想)
3.拭いても、べっとり紙に付かない。
4.臭いがしない(体臭も口臭もない状態です。)
5.黄金色をしている。(赤色、黒色は病気の可能性が高いので要注意。)

上記の点を踏まえて、うんちはバナナタイプ(普通便)としての太くて長い便を称して、”一本糞”などと言います。このタイプの便は、直腸からするりと出てきたことを意味しています。
さて、理論としては、
洗腸をする⇒腸が綺麗になる⇒細胞が綺麗になる⇒綺麗な体が出来て、健康状態を維持できる!
自分の健康状態を把握することで、日常生活において習慣化することは、健康体を得られる訳です。

腰痛、膝痛、肩こりなどにおいては、全て関節痛になる訳ですが、ご存じ関節痛が起きる原因の一つに、リンパ節のリンパ球の流れが悪化することが一つの要因です。股関節にも、足首にもリンパ節がありますから、日々リンパの流れを良くする必要があります。そこで、最終的にヨガの練習が、日常生活に必要になる訳です。

遺伝子にもよりますが、がん細胞が蓄積しやすい体質の方は、腸の菌バランスが悪いのです。まず、ヨーグルトでビフィズス菌を多く摂取することをお薦めします。食事制限や条件を正しいものにすることで、がん細胞の再発は防げると考えています。養命酒や漢方薬などの東洋医学に見られる予防医学は、大切です。

自分が健康であれば、奥さん・旦那さん・娘さん・息子さんと家族全員が健康になれます。また、健康状態を維持できれば、自分の好きな仕事や趣味にも打ち込む時間に没頭ができます。健康ありきで、良好な人間関係も保つことができます。

最終的に何を言いたいかというと、自分の健康を自分で守るためには、寝たきりになる前に、”ヨガ”と”自力整体”が日々の生活での健康法として、最適なはずです。

さて、瞑想の大切さについても、説いておきましょう。
偉大な成功者は、皆瞑想を毎朝取り入れている傾向が多いことに、納得させられます。瞑想のスタイルは数多くありますが、私が初心者にお薦めするのは、”イメージ瞑想“です。
ヨガの中上級者には、”阿字観瞑想やサムライ瞑想“です。

イメージ瞑想においては、脳へアルファ波を齎し、心身共にリラックス状態に至らすことが可能です。イメージ化により、積極的に右脳の想像力を使いますので、自身の最も落ち着く・癒される空間や風景をイメージすることが、心に余裕を齎します。

ヨガの初心者は、テレビやラジオ、音楽の電源を消して、ぜひイメージ瞑想を積極的に取り入れてみて下さい。瞑想の時間は、約5分~10分程度が忙しい現代人には適当な時間です。究極的なヨギー・ヨギーニになりますと、1日瞑想していられるマスターになります。

より上達をしたら、どんな瞑想手法がご自身に良いか、近くのヨガインストラクターか私に聞いてみて下さい。本日もお読み頂きまして、ありがとうございました。

Love&Peace,

Love_yoga.com